初めての不動産名義変更

先日、母が突然亡くなってしまいました。

思いもかけないことで、現実を受け入れられない日々が続いています。

それでも、母が持っていた預金通帳の名義変更や不動産名義変更など、相続に関わるもの全ての手続きをしなければなりません。

母は、昨年亡くなった父が所有していた家と土地を相続して、不動産名義変更の手続きを母が1人でしていました。

母が1人でしていたことは知っていたのですが、今度は私が手続きをすることになってしまいました。

私には妹が1人。

男兄弟はいません。

ですので、母が所有している家と土地を相続できる権利があるのは、妹と私の2人だけということになります。

誰が相続できるのかをよく把握しておかないとあとからもめて不快な思いをするだけなので、母が亡くなって間もない時でしたが少し冷静になって現実を見ることにしました。

相続人とは一体誰のことを指すのでしょう。

関連リンク≫不動産名義変更手続センター(土地・家・マンションの名義変更)