不動産名義変更の手続きには相続権をシビアに見る必要がある

では、母がいなかった場合はどうだったのでしょう。

私たち子供がいれば、私たちだけに相続権が移行します。

子供もいなくて父の親が存命であったら、その親に相続権が移行します。

その親もいなかったら、父の兄弟姉妹に相続権が移行します。

このように、相続権はどんどん移行して行くのですね。

つまり、亡くなった人の子供と親が同時に相続人になることはありません。

また、亡くなった人の子供と兄弟姉妹が同時に相続人になることもないのです。

不動産名義変更の手続きをしていると、相続権をシビアに見る必要があることがわかりました。

ドラマの中では、夫が亡くなり、いざ不動産名義変更の手続きをしようと思ったら、どこの誰かもわからない人間が相続権利だけを主張してきて、ドロドロの人間関係が浮き上がってきた、なんてストーリーがよくあります。

相続権利が誰にあるのかを知らないことが原因なのですね。